機械

旋盤(せんばん)とは?汎用旋盤とNC(CNC)旋盤についても解説します!

とにー
とにー
工業系でよく耳にする旋盤ってどんなものなんだろう

この記事はこんな方にオススメです。
・旋盤が何か知りたい方
・工業系の学生
・製造業の会社員
難しい言葉を使用せず旋盤のイメージを説明します。

旋盤(せんばん)とは

旋盤とは簡単に説明すると、丸い材料から部品を作る機械です。
以下にイメージを示します。

 

丸い材料に刃物をを押し当てることで、溝加工・斜め加工・ネジ加工・穴加工等
様々な加工ができます。
下図のように、回転している材料に刃物を当てて加工していきます。


加工に使用する材料は、鉄・アルミ・ステンレス・真ちゅう・樹脂と様々あります。

旋盤は大きく分けると2種類

旋盤は大きく分けると下記2種類があります。
・汎用旋盤:手でハンドルを回し刃物を動かすことで材料を加工します。
                プログラム入力の必要がなく、手軽に加工できます
・NC(CNC)旋盤:プログラムを入力することで、入力値通りに刃物が動作し加工を
                       行います。高品質の製品を大量生産可能です。
です。

下記に詳しく説明していきます。

汎用旋盤とは

汎用旋盤は以下に示す機械です。(一例です。)

出典:株式会社 滝澤鉄工所 ~小型普通 精密旋盤 TSL-550~
引用元:https://www.takisawa.co.jp/product/fs/tsl.html

特徴としては
・プログラムを入力する必要がなく、刃物をハンドルを回して操作するため
  初心者でも扱いやすいです。
  (ただし、加工知識が無いと危険が伴うものであるため、完全な初心者の方は指導を受け
   てからの使用をオススメします。)
・既存部品を削ったり、穴を開けたり等の追加工が手軽にできます。
となります。

ちょっとした加工をした時に、すぐに加工が行えることと
非常に汎用性が高いので色んな場面で応用が効きます。

NC(CNC)旋盤とは

NC旋盤とCNC旋盤という言葉が存在するのですが
どちらもプログラム入力で刃物を動かすイメージで問題ありません。

厳密には
NC旋盤:制御用の基盤を組み合わせて制御しているもの
CNC旋盤:制御用のコンピュータで制御しているもの
の違いとなります。
古い機械がNC旋盤のイメージです。

NC旋盤は以下に示す機械です。(一例です。)

出典:株式会社 滝澤鉄工所 ~CNC旋盤 TCC-2100~
引用元:https://www.takisawa.co.jp/product/fs/tsl.html

特徴としては
・一回プログラムを作成すれば、自動で同じ動きの加工ができるため大量生産が容易です。
・プログラムを入力して刃物の動きを制御するため、扱えるようになるまで
時間がかかります。
・材料の回転速度を高くでき、より細かな加工条件が設定可能なため
高品質な可能が可能です。
となります。

まとめ

・旋盤は丸形状のものから部品を作り出すもの
・汎用旋盤は、ハンドルで刃物を操作して加工する機械
・NC(CNC)旋盤は、プログラム入力で刃物を操作して加工する機械

今回は、旋盤について簡単に説明をしました。
丸形状のものを加工すると説明してきましたが、厳密には丸形状以外でも
工夫次第で加工可能です。
機械によっては横穴を開けることができたりと、種類はたくさんあります。
非常に奥が深い世界です。

この記事を読んで、旋盤のイメージを持って頂けたら幸いです。