仕事

製造業 製造ラインの仕事 メリット・デメリット


メリット

単純作業ができる

ライン仕事の大きなメリットと言えば 単純作業ができる ことです。

製造するものはたいてい工程がマニュアル化されており
決められた通りに作業すれば良いです。
(決められた通りに作業しないと逆にダメです。)


中小企業では、まだマニュアル化されていない仕事も多いと思いますが
その場合は、先輩社員から仕事を教わりながら
自分でマニュアルを作成していけば良いです。

生産計画を立てやすく時間配分ができる

製品の受注数が決まっているため、生産計画が立てやすいです。

突発的に注文が入るということもありますが
たいていは決まったペースでの仕事ができます。

あまり悩む必要がない

基本的に同じ作業の繰り返しのため、あまり悩む必要がありません。

もちろん試作対応等の例外もありますが基本的には同じ作業です。
(試作対応は新規案件をどのように製作していくか考える必要があります。
その場合は生産技術等の協力部署があるため、他部署と協力しつつ決定していけば良いです。)



デメリット

同じ作業の繰り返しで飽きる

同じ作業が続くので 時間の経過が遅く感じます。

作業に慣れてくると思考能力が落ち眠くなります。

同じ作業を長時間続けられる人でないと厳しいかもしれません。

スキルがあまり身につかない

試作対応・新規案件 以外は新しい分野に触れる機会がないため
スキルがあまり身に付きません。


積極的に資格取得を薦めている会社、新しい分野に取り組んでいる会社
でなければスキルの向上はあまり期待できません。

製造しているものによって景気の波がある

ほとんどの製造業は景気の波に左右されやすいです

様々な分野へ仕事を広げている会社であれば良いですが
実際そのような会社は少ないです。

作業環境が悪い場合がある

有機溶剤をたくさん使用している・粉塵がたくさん出る仕事は
設備・保護具を適切に使用しなければいけません。

しかし、中小企業のような規模の小さい会社ではまだまだ作業環境への配慮が足りていない会社があります。



どういう人が向いているか

・単純作業が好きな人
・集中力がある人
・几帳面な人
・細かな異変に気付きやすい人


以上、製造ラインの仕事 メリット・デメリットでした。

製造業の中でも、様々な仕事があるため本ブログで紹介している内容は参考の一部としてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。