トレンド

田舎に憧れるけど実際住みやすいの?田舎のメリット・デメリット教えます。

どうも、とにーです。

私は現在29歳ですが、生まれも育ちも田舎です。しかも雪国・・・笑
そんな私が田舎のメリット・デメリットに関して紹介していきたいと思います。


田舎に住むメリット

自然がたくさんある

田舎の魅力と言ったらやはり自然です。

・空気・水がキレイ
・星がみえる
・森がある
・山がある

自然が好きな人なら田舎はオススメです。

人が少ないので、人混みストレスがない

店に行ったときに混雑していることがあまりないので
ゆったりとした気持ちで買い物ができます。
これは大きなメリットと考えています。
都会だと、どこに行っても人・人・人で息をつく暇がありません。

また、市街地から少し離れた場所であれば
車の通りも少ないため快適なドライブを楽しめます。

後継者不足であるため、会社に採用されやすい。(不景気時を除く)

そのときの景気の波に左右されますが、後継者不足の会社も結構あります。

若者が県外へ行ったきり帰ってこず、会社の平均年齢層は年々増加しているという
会社が多いです。

そのため、後継者を育てるという意味で積極的に採用をする会社も多いです。

田舎に住むデメリット

交通が不便。車が必須

電車は一時間に一本。バスは一日に数本だけというのが当たり前です。

そのため、車の所有が必須レベルです。
職場に行くにも車、買い物に行くにも車、遊びに行くにも車
どこに行くにしても車が必須レベルです。

車の維持費もばかになりません。

あっちこもこっちも虫!虫!虫!

都会でも虫は出ると思いますが、その数倍は虫が出現すると思ったほうがよいでしょう。
家の近くに林がある場合は、もう絶望しかありません。

網戸をしても小さい虫がすきまから侵入してきたりします。

夜中の自動販売機は虫が集まっており、買うのをあきらめることもしばしば・・。

仕事の選択肢が限られてくる

やはり都会に比べて会社が少ないので、仕事の選択肢は少なくなります。
加えて賃金が安いです。

よく田舎は物価が安いから、その点は有利だ。という話しを聞きますが
私的にはそんなに有利に感じません。

確かに、賃貸や土地は都会に比べれば安いのですが
そもそもの賃金が安いのでそこまで大きなメリットにはならないように感じます。

若者は県外へ出ていき、高齢化が進んでいる

高校を卒業して、専門学校や大学へ進学して県外へ行き
そのまま就職も県外でというパターンが多いです。

そのため、田舎の会社は、働いている人の平均年齢が高いです。
5年後・10年後を考えたときに、この会社は残っているのかという
不安が大きいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
私個人の意見を言うと、田舎に住むことはデメリットの方が多いように感じます。

しかし、
人混みの中での生活は、疲れてきたな。
自然のあるところで生活したいな。
と感じている方々にとってはオススメできます。

最後までご覧いただきありがとうございました。