トレンド

黒字リストラとは?リストラって赤字の時にするんじゃないの!?

Twitterで「黒字リストラ」がトレンドになっていました。

「えっ!?なんで黒字なのにリストラするの!?」
って思うかもしれません。私もはじめて見たときは驚きました。

実はこの「黒字リストラ」、去年から騒がれていたニュースていたようです。
今回は黒字リストラに関して調べた内容をまとめていきます。

とにー
とにー
黒字リストラ怖すぎるよ(泣)

黒字リストラ内容

2020/01/13 のニュースで下記記事が投稿されました。

好業績下で人員削減策を打ち出す企業が増えている。2019年に早期・希望退職を実施した上場企業35社のうち、最終損益が黒字だった企業が約6割を占めた。これらの企業の削減人員数は中高年を中心に計9千人超と18年の約3倍に増えた。企業は若手社員への給与の再配分やデジタル時代に即した人材確保を迫られている。業績が堅調で雇用環境もいいうちに人員構成を見直す動きで、人材の流動化が進む。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54332430S0A110C2MM8000/
日本経済新聞

早期・希望退職を実施した上場企業35社のうち、黒字だった企業が約6割を占めたというものです。

 

黒字リストラした理由

黒字リストラした理由を簡単にまとめました。

・中高年の手厚い賃金を若手に回すため
早期・希望退職の対象年齢を調べると大体45歳以上となっていました。
年功序列で給料が上がっていくせいで、企業の人件費はどんどん増えていきます。
対して、若手の数が減っているため優秀な人材の確保が難しくなってきています。
この代謝を良くしていきたいという事があげられます。
また、バブル期に入社した社員(現在50~55歳)が他の世代と比較して多い傾向にあるため適正人数に戻すねらいもあるようです。

 

・赤字の時にリストラするより、リストラしやすい
赤字の時にリストラするより、企業の経営が良いうちに退職金渡して退職を促す方が負担が減ります。
また、日本全体が不況の時期にリストラするよりも、まだ再就職が見つけやすい内にリストラしたほうがいいという考えもあるようです。

 

・自動化の波
AI、ロボットによる自動化の波が進んでおり、単純作業は無くなっていく傾向にあります。
特に毎日パソコンで同じ作業をするような業務(例えば事務職)はAI化が加速していくと考えられます。

 

・スキルがある人材がほしい
上場企業の中には、若手を年収1000万円で募集し始めた企業があります。
また、某大手自動車メーカーは中途採用に力をいれていくことを発表しています。
企業は、スキルのある人材を求める時代に突入しています。

 

2019年のリストラ者数は6年ぶりに1万人を超えたそうです。
これはリーマンショック後のリストラ者数1万2232人に迫る勢いです。

2019年のリストラによる退職者数が6年ぶりに1万人を超えた。東京商工リサーチの調査によると、2019年1月~9月に希望退職や早期退職者を募集した上場企業は27社で対象人員は1万342人。2018年の人員を大幅に上回るだけではなく、6年ぶりに1万人を超えた。

引用:https://www.businessinsider.jp/post-202090
BUSINESS INSIDER

 

2020年リストラどうなる?

2020年のリストラはさらに加速していくのではないかと考えます。

理由は以下の通りです。
・東京オリンピック後の不況が待っている。
・米中貿易摩擦がまだ続いている
・消費税増税の影響
・同一労働同一賃金が2020年4月にはじまる

今後、自動車のEV化・自動化が進めば日本経済のかなめである製造業に大打撃を受けると予想されています。

では、どうすればいいのか。
結論としてスキルを磨いていくしかないです。

人間がする仕事は、クリエイティブなことに移行しつつあります。
具体的には、技術が必要な仕事・発想力が必要な仕事です。
例えばどんなスキルかは下記記事にまとめています。

製造業の景気は今後どうなる!?2019年現在の状況どうも、とにーです。 今日のニュースで 「上場企業で2年連続で減益の見通しで製造業が14%低下」 という記事がありました。 ...

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたなら幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。